波に乗る

Sunrise at the beach Surfing

台風が近づくと「THE DAY」を探すため天気図にくぎ付けになる。

うねりと風の向きに全神経を集中する。

その一瞬しか味わえない波を探し北へ南へ車を走らせる。

あの浮遊感、爽快感と海から上がった時の疲労感。

波に乗るという感覚は何物にも替えることができない。

スポーツを超えてカルチャーと呼ぶにふさわしい。

サーフィンを始めると「海時間」というものが存在することを実感する。

風の向きに敏感になる。自然の変化が気になり始める。人生の価値観が大きく変わる。

毎日が海中心で回り始める。

カルチャーも超越し、生き方といっても過言ではないのではないだろうか。


夜が明ける。

波情報ではわからない現地の状況を肌で感じる。

オフショアがうねりをシェイプし、面ツルのフェイスを作り出している。

カレントをチェックし、エントリーポイントを決める。この瞬間がたまらない。

急ぎ足で車に戻り、サーフボードにワックスアップ。

パワーコードを携えてエントリーポイントへ引き返す。

準備体操もそこそこにドルフィンを繰り返し沖へ。

波待ちも貴重な時間だ。

自分のマニューバラインをイメトレしながら、

沖からのうねりに全神経を集中させる。

納得できるライディングを一本でもメイクできればその日はHAPPY。

一生に一度しかない波を楽しめる幸せを噛みしめて。

波に感謝。自然に感謝。

更なる幸せを求めて海に通う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました